ここから本文

設立から現在まで
未来に向けて
事例4









以下は、一部上場の某業界国内No.1企業D様の従業員の方が使用されているパソコン30,000台の新規設置、人事異動に伴う移設、修理代品出荷及びそれに必要な個人別設定、業務別設定等の作業を一括して受託した事例です。 PCライフサイクル管理システムは、当社が長年に亘って改良開発を重ね、ワークフロー管理機能を搭載した 「DE (DataExplorer:Web情報システム構築支援ツール)」で開発をいたしました。 また、当該実績を活かしてPC-ITMS(PC資産管理サービス)を開発をいたしています。





(1)倉庫を保有してPC新品・修理品の在庫を管理、設置要請にタイムリーに応えます。
(2)PCが故障した場合、先出しセンドバック方式(代品先出し送付、修理品後日受領)で直ぐに代替品を送付します。
(3)一連の業務の流れは、ワークフローで管理、故障履歴管理により品質の把握・改善ができます。



(1)新規設置要請に対して、在庫よりPCを調達、キッティング(HW組立、SWインストール、パラメータ設定)を実施して送付します。
(2)故障連絡を受けたならば、まず代替PCを在庫より調達、キッティングを実施して至急送付します。
(3)故障PCは送付いただき、到着したならば故障調査を実施し、修理が必要であれば修理会社へ修理依頼をします。故障修理が終了したPCは在庫とします。
(4)故障PCの在庫および廃却PCについては、データ消去をします。
(5)SWインストールマスターを作成、CDの複製を配布します。